快適なマタニティライフのために…

マタニティマッサージという仕事をしていると、
いろんな妊婦さんの、マタニティライフスタイルをお伺いします。

旦那様との2人家族ライフを、赤ちゃんが産まれるまでに、めいっぱい楽しんでいる方。

育児が中心で、なかなか自分自身を労わる事ができない方。

仕事・育児に追われて、毎日目が回るくらい忙しい日々を過ごしてる方。

など、本当に十人十色です。

マタニティライフを、旦那様にも協力してもらいながら過ごしてる方もいれば、
残念ながら、全く妊娠前から変化なく協力無しで過ごしてる方もいらっしゃいます。

サロンにお越し下さった時に、グチをこぼしていかれる妊婦さんも少なくないです。


ある日、とても興味深い内容の記事を見つけたので、紹介したいと思います。

とある大手出版社が、先輩ママ300人を対象に聞いた「妊娠中に起こった体と心の変化」についてのアンケート結果を見てみると…

約8割の人が情緒不安定になったと回答! 
また約9割の人が足がつったり、腰痛や尿もれなどの不快症状に悩んでいるのだとか。

「妊娠中はおなかが大きくて動きにくいし、体調が悪いときも。なのに、ひとりだけ妊娠前と同じような行動をとる夫にイライラ」

「妊娠7カ月のときに体調を崩したのをきっかけに、出産のことや産後の子育てなど、いろいろなことが急に不安に思えて毎日泣いていました」

「妊娠7カ月から頻尿になり、どこに行くにも洋式のトイレがあるところでないと不安。渋滞が怖くて車での外出も嫌でした」

と、実際に情緒不安定になったり、不快症状に悩んだという妊娠中のエピソードがたくさん。このように妊娠期間中は、妊娠前とはちがう変化が多いもの。

妊娠中はそんな状態だからこそ、旦那さんの支えがほしいものなのです。

「妊娠中に夫にしてもらってうれしかったこと」というアンケートでは…

1位「料理、食器洗い、ふろ掃除など家事を手伝う」

2位「おなかの赤ちゃんとコミュニケーションをする」

3位「一緒に検診に行く」

という結果が出ました。

実際に
「休みに買い物に行ってくれたり、料理をしてくれたり。平日もごはんをつくらなくていいと言ってくれました」
「おなかが大きくなることを『きれい』と言ってくれます。すべてにおいてポジティブに喜んでくれています」
という人もいれば、
「イライラして、夫に『自分だけのんきにして!』と暴言を。でも文句を言わず黙って聞いてくれました」
という体験談も。

やはり旦那さんからの手助けがあってこそ、つらい妊娠期間を乗り越えているママは多いみたいです。




このアンケートの結果は、
たくさんの旦那様方に知っていただきたい内容です‼‼
初めての妊娠でも、2人目・3人目の妊娠でも、不安なのは一緒です。
お母さんが、穏やかに過ごせていると、おなかの赤ちゃんも温もりある居心地のイイ胎内で、幸せに過ごすことが出来きます。
また、おなかの中にいる時から、お父さんとの会話やスキンシップがあると、産まれてから、お父さんの顔や声にビックリして泣くという、お父さんにとってショックな出来事も少なくなります♪

ぜひとも、夫婦で協力し合って
幸せに満ち溢れたマタニティライフを楽しんで下さい(o´ω`o)♡